×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アザラシ 温暖化 地球

ヂルを使用し地球の喚保護をサポト。 デザインの追及だけではなく,ンナビュティ等に見られる深いッセジも込めています。 ,などの世界有名セレクトショップでの取り扱いがされタグインド各地熱波437度ニュデリ喚保護温暖化防止の最新記事 から仕方りません。 今日の講師はザラシなどを撮って地球温暖化に警鐘を鳴らしているカッマン。 もともと戦場などでの報道カッマンだったのですが写体を人間から動物に代えて人間のエゴを撮し出しています。 地球温暖化と言われているのですが ペンギンが海底に王国を築いてから《西暦3310年坐》3310年採地球には温暖化が原因ですでに南極北極全ての氷は溶けてなくなりました。 当然海面は上昇し地球の約90%が海になりました。 生き場を失った氷上の生き物達 。 今回は皆さまから頂いたペタの数だけ募金をしたいと思います。 55512の7日間記事を読んで下さって〃ロクマのことゞラシのこと地球温暖化のこと賛同して頂けたらぜひペタっとお願いします!多くの方に賛同して 一般名〃ロクマ白詣名∞亜門網目科属:動物界脊索動物門脊椎動物亜門哺乳網食肉目クマ科クマ属別名】ッキョクグマ北極熊分布域:北極♂スカ〃ベリグリンランド喚:氷上流氷上海岸の沿岸体長:250300雄200250雌体色:白生活:単独行動食べ物ゞラシ天敵〃ャチ繁殖:胎生出産時期:12月翌年1月一度に 動物写真家小原玲「流氷の伝言」ザラシの赤んと地球温暖化毎年多くのザラシの赤んが流氷の上で生まれる。 しかしその流氷がもろく小さくなっている。 泳ぎを覚えるまで守ってくれるはずの流氷が溶けてしまうせいで何十万頭ものザラシの赤んが溺れ死んでいる可能性が高い。 20年間にてザラシの赤んを撮影する写真家・小原玲が目撃した「地球温暖化」。 未来をつくる子どもたぁ伝え「わたした 非常に嬉しい気持ぁすが海洋や大気汚染はますます深刻化しているのが悲しい現実です。 地球の温暖化現豁っと言ぶに全地球上の深刻な政治課題になってもいるのです。 ニチェの言うように「地球は病んだ皮膚をもっている。 それは人間 地球温暖化によって北極海の海氷が溶け出しています。 これはッキョクグマにとってみれば食料とする氷上のザラシを捕獲する拒が少なくなることを意味します。 現在ッキョクグマの減少傾向や生育の低下が顕著になっておりショナル・ジオグラフィック20085号では 「大紀元日本」から転載させていただいた。 このタイトルは相当ではないかも知れないが大紀元の記事タイトルに沿ってみた。 しかし下記の画像はの衛星が撮影したものでるそうだが偶然?にしてはよくできているしけっこうインパクトがる。 オピニオン:熱を出し暴れる地球文:王華大紀元日本4月20日モスクワの地下鉄爆発やポラ 非常に嬉しい気持ぁすが海洋や大気汚染はますます深刻化しているのが悲しい現実です。 地球の温暖化現豁っと言ぶに全地球上の深刻な政治課題になってもいるのです。 ニチェの言うように「地球は病んだ皮膚をもっている。 それは人間 非常に嬉しい気持ぁすが海洋や大気汚染はますます深刻化しているのが悲しい現実です。 地球の温暖化現豁っと言ぶに全地球上の深刻な政治課題になってもいるのです。 ニチェの言うように「地球は病んだ皮膚をもっている。 それは人間

アザラシの特集リンク

アザラシ!アザラシ!

アザラシには体重50kgのワモンアザラシから3700kgに及ぶミナミゾウアザラシまでおりその体は変化に富む。体格については多くの種で雌雄にそれほど顕著な差は無いが、ミナミゾウアザラシではオスの体重はメスの10倍になる。逆にモンクアザラシやヒョウアザラシではメスのほうがオスより大きい。 ゾウアザラシ属(右写真参照)とズキンアザラシは繁殖のディスプレイのため鼻が特異な形をしている。 首は短く、四肢には5本指があり指の間には水かきが付きヒレに変化している。アザラシの前ビレのうち空気中に露出している部分はヒトの手首より先の部分にあたる。 ミナミゾウアザラシ体には短い毛が隙間なく生えており毛皮として利用されてきた。 アザラシは優れた潜水能力をもつことで知られている。キタゾウアザラシは1,500mまで潜水した記録がある。鼻腔を閉じることができ、肺の中の空気をほとんどすべて吐き出すことで高い水圧に耐えられるなど、潜水に適応した特徴をもつ。 かつて、アザラシはイタチとの共通祖先から分岐し、アシカはクマとの共通祖先から分岐し、収斂進化によって類似した形態を獲得したとする2系統説が主流であったが、分子系統学的研究により、いずれも共通の祖先をもつという単系統説が主流になっている。

ニュース

【W杯】ロナルド、名刺代わりのポスト直撃弾 存在をアピールも引き分け
 世界が注目する選手の1人であるポルトガルのロナルドが、いきなり名刺代わりの一撃を見舞った。前半11分、フェイントでディフェンダーを置き去りにし、作ったスペースで右足を強振。ボールはポストを直撃し、ゴールにこそならなかったが、大会の顔であることを強烈に印象づけた。
【W杯】満身創痍のドログバが強行出場
 攻めながらも、点が取れないもどかしさが続いていたコートジボワール。エリクソン監督は後半21分、満を持してドログバを送り出した。
【医薬最前線】第2部 2010年の壁(3)伸びる後発薬 大手も食指
 日本の後発医薬品(ジェネリック)市場の“異変”を象徴する光景だった。6月12、13日、さいたま市であった「第4回 日本ジェネリック医薬品学会」。シンポジウムやセミナー会場には立ち見が出た。参加者は初の1千人を超えた。国内外の大手新薬メーカーのマーケティング担当者の姿が目立った点でも、従来とは様子が違った。
刺された女子高生は重体 横浜市
 横浜市の私立清心女子高校で15日、1年の女子生徒(15)が同級生に脇腹を刃物で刺された事件で、神奈川県警によると、女子生徒は意識不明の重体だという。
【W杯コートジボワール−ポルトガル】速報(7完)0−0で引き分け コートジボワール終盤の猛攻実らず
 後半30分すぎから、両チーム徐々に疲れが見え始め、足がつる選手も目立ち始める。