×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アザラシ!アザラシ!

アザラシには体重50kgのワモンアザラシから3700kgに及ぶミナミゾウアザラシまでおりその体は変化に富む。体格については多くの種で雌雄にそれほど顕著な差は無いが、ミナミゾウアザラシではオスの体重はメスの10倍になる。逆にモンクアザラシやヒョウアザラシではメスのほうがオスより大きい。 ゾウアザラシ属(右写真参照)とズキンアザラシは繁殖のディスプレイのため鼻が特異な形をしている。 首は短く、四肢には5本指があり指の間には水かきが付きヒレに変化している。アザラシの前ビレのうち空気中に露出している部分はヒトの手首より先の部分にあたる。 ミナミゾウアザラシ体には短い毛が隙間なく生えており毛皮として利用されてきた。 アザラシは優れた潜水能力をもつことで知られている。キタゾウアザラシは1,500mまで潜水した記録がある。鼻腔を閉じることができ、肺の中の空気をほとんどすべて吐き出すことで高い水圧に耐えられるなど、潜水に適応した特徴をもつ。 かつて、アザラシはイタチとの共通祖先から分岐し、アシカはクマとの共通祖先から分岐し、収斂進化によって類似した形態を獲得したとする2系統説が主流であったが、分子系統学的研究により、いずれも共通の祖先をもつという単系統説が主流になっている。

注目の情報


透明なグラス
昇温によりガラス転移現象を示す非晶質固体[1]。そのような固体となる物質。このような固体状態をガラス状態と言う。結晶と同程度の大きな剛性を持ち、粘性は極端に高い。非晶質でもゴム状態のように柔らかいものはガラスとは呼ばない。詳しくは「ガラス転移点」を参照のこと。

私の大切なコップ
コップ(オランダ語:Kop、ポルトガル語:copo)は、紙、プラスチック、ガラスなどでできた取っ手のついていない小さな容器。また飲用に用いる容器を総称してコップとする場合がある。 ただし、陶器製の取っ手のついた容器はカップ(マグカップ、コーヒーカップ)を用い、ガラス製の容器としては、素材に着目した呼称であるグラスを用いるなど、総称としては少しずつ重複しあう言葉がある。形状を表す、ワイングラスやタンブラー、ゴブレットなど特定の用途に用いられる容器を表すときは、明確に区別される。

シャネル一番
1910年 - パリのカルボン通り21番地に「シャネル・モード」という帽子専門店を開店したのが始まり。 1913年 - リゾート地ドーヴィルに第1号のモードブティックを開店。 1915年 - ビアリッツに「メゾン・ド・クチュール」をオープンして、ココはオートクチュールのデザイナーとして本格的にデビューする。 1916年 - 第1回シャネル・オートクチュール・コレクションを発表。安くシンプルで着心地がよく、無駄のない、ジャージー素材を取り入れたドレスが話題となる。 1921年 - 本店をカンボン通り31番地に移転。シャネル初の香水「No.5」を発表。 脂肪族アルデハイドを大胆に使用した香調で話題となる。「No.5」は試作品番号。その後も、喪服でしか使われなかった黒い服を「リトル・ブラック・ドレス」として発表したり、 ツイード素材のスーツを発表して話題となる。 1939年 - 第二次世界大戦の勃発とともに、香水とアクセサリーのブティック以外の全店を閉鎖する。 1944年 - ココがナチス・ドイツによるフランス占領中を通じドイツ軍将校と愛人関係にあったため、連合軍によるフランス解放とともにスイスへの逃亡を余儀なくされる。 1954年 - 閉鎖店舗が復活。カンボン通りの店を再開し、オートクチュール・コレクションも復活させる。 1970年 - 香水「No.19」を発表。 1971年 - 住居としていたホテル・リッツで、ココ・シャネル死去。その後、カール・ラガーフェルドがデザイナーに就任。ココのスタイルを守りながら、時代の空気を取り入れた新しいシャネルを提案し、ブランドとしての再興を果たす。 1994年 - シャネルブティック本店(銀座並木通り)を開店。 1996年 - 開店当時日本最大店舗として大阪・心斎橋店を開店。 2001年 - 日本最大の売り場面積を誇る東京・表参道店を開店。 2004年 - 12月、銀座3丁目に銀座シャネルビル・旗艦店を開店。

下着のASIA
20世紀の初頭には下着市場は飽和状態になり、競争から様々な工夫や機能が生まれる。現在でも下着大手のヘインズ社は、この競争を勝ち抜いた会社の1つであり、ユニオンスーツの最大手になる。紡績技術も進化を続け、1着のユニオンスーツを1時間未満に作れるようになる。 女性用下着は依然、コルセットが使用されているが、化学繊維やより強靭な布が織られるようになり、鯨の骨や鋼鉄の必要性はなくなった。

浜辺のお恵み
砂浜とは、海岸に砂が堆積している場所のことである。砂は波によって容易に移動しやすい粒子であるから、砂からなる海岸というのは、砂が運ばれて来て堆積した海岸、と考えるべきである。外海に面した波当たりの強い場所は岩礁海岸になりやすく、内湾は泥が貯まって干潟になりやすいから、その中間的な部分で砂浜が生じるが、実際には様々な場合がある。 また、サンゴ礁においては、造礁サンゴの活動は新鮮な海水のあるところで活発であり、そのために外洋に向いた浅いところに発達する。海岸線近くはむしろ死んだサンゴやサンゴ骨格の破片などが堆積した砂浜となる。

太陽のお恵み
太陽(たいよう)は銀河系の恒星の一つ。太陽系の物理的中心であり、太陽系質量の99.9%を太陽が占める。典型的な主系列星で、スペクトル型はG2V(黄色)である。推測年齢は約46億年で、主系列星として存在する期間の半分を経過しているものと考えられている。 また太陽が太陽系の中心の恒星であることから、任意の惑星系の惑星から見てそれが周りをまわる中心の恒星を比喩的に太陽と呼ぶことがある。

ルイヴィトンへの道
ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)はフランスのかばん職人ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton、1821年8月4日 - 1892年2月28日)が創始したブランド。LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループの中核ブランドである。

コーチへの道
「コーチ」という語は、ハンガリーのコーチ(Kocs)という町で農閑期の収入源として作られた四輪馬車・コーチ(kocsi)に由来する。コーチで世界で始めてサスペンション付きの馬車を製造され、コーチは馬車の代名詞となった。そこから御者の事を『コーチ』と呼ぶようになり、転じて、指導者の事を指す言葉となった。また、四輪馬車・コーチは運転が難しく訓練が必要であることから、コーチ自体に「訓練」という意味が生まれた。

空の物語
地上にあって上を見上げたとき、そこに見えるものが空である。昼間は晴れていれば青く、雲は白く、あるいは黒く見え、夜間は真っ黒に見える。また、太陽や星などの天体が見られる場でもある。空と、対岸の見えない海や湖との境を水平線、空と広い大地との境を地平線という。

3点グッチ
グッチ(GUCCI)は、イタリアのファッションブランドである。創立者はグッチオ・グッチ(Guccio Gucci、1881年 - 1953年)。衣服はもちろん、バッグ・財布・靴・香水・時計などを幅広く手がけている。また、会社組織としてのグッチ・グループを指すこともある。

<< || 1 2 3 4 5 6 7 8 || >>


【今だけポイント10倍!4月23日16時?】カジュアルでも、フォーマルな大人のスタイルにも!KC,s レザーブレスウォッチ 3コンチョ シール (アザラシ革) 【ブラック/キャメル】
【今だけポイント10倍!4月23日16時?】カジュアルでも、フォーマルな大人のスタイルにも!KC,s レザーブレスウォッチ 3コンチョ シール (アザラシ革) 【ブラック/キャメル】の詳細【 お取寄品です : お取り寄せ期間は 5営業日程度です 】 ▼ KC,s 商品の当店でのお取り扱いについて、下記リンクをご参照下さい。◆ KC,s 製品保証・修理について。 レザーブレスウォッチ 3コンチョ シール 商品詳細 希少な最上級のアザラシ革(シール)を使用した贅沢と、3つのコンチョが目をひくデザインのレザーブレスウォッチです。 ブレスのサイズは2段階に調整可能で、男女兼用で着けられます。普段腕時計を着けない方でも、ブレスレット感覚で着けられる、お勧めの腕時計です。コンチョは、昔のアメリカで実際に使われていたアンティーク5セントコインを使用しています。カジュアルでも、フォーマルな大人のスタイルにも、栄えるデザインです。オリジナルの文字盤を使用しており、全ての文字盤に“KC,s”のロゴが刻印してあります。クォーツ(電池式時計)で、ムーブメントは信頼性の高い日本製を使用しています。電池は時計店で交換できます。シールとは、アザラシの革になります。アザラシの革は、年間の捕獲数が厳しく定められているので、とても入手困難で希少な革です。表面は、頭面から尾部に向けて波状のうねがあり、厚みがあってとても丈夫です。男女兼用です。 商品名 レザーブレスウォッチ 3コンチョ シール ムーブメント クォーツ式 サイズ ブレス(腕周り)/16?18cmブレス(幅)/2.5?4cmブレス(厚み)/0.3cm時計(直径)/3cm 素 材 表地 : アザラシ革ブレス : 牛皮コンチョ : USAアンティーク5¢コイン カラー ブラック/キャメル 付属品 なし

【アザラシ】Menu